読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多重人格社長ブログ

点が線となる日…。

第3話 突飛押しもないことを言う馬鹿を侮るな

f:id:god7tenpai187:20170302161500j:image

まずダメな例を紹介しよう。

・僕はお金持ちになりたいです。

・僕は将来人の役に立ちたいです。

・僕は立派な人間になりたいです。

 このようなことを幼い頃にいう人は

一見しっかりしているなと思われがちであるが

これは夢としては成立していない。

親としては修正すべき点である。

 

良い例を紹介しよう。

・僕は唐揚げになりたい。

・僕はウルトラマンタロウになりたい。

・僕は動物博士になりたい。

これは一見馬鹿丸出しな答えであるが

とても分かりやすく相手も想像しやすい。

何が違うかというとそれは

執着してるものの有無である。

 

私が言いたいのは幼い頃に何かに対する強い執着があると独自の感性から何かを生み出す可能性を秘めていると思うのだ。

 

今の子供達へ

大人に対して良いカッコする必要はない。

自分の好きなことを見つけ好きなだけ追求してほしい。

そして好きなだけ遊び全てのことに本気で取り組んでほしい。

 

一回きりの人生の中で自分の天職に就ける人は今現在世界で1%いるかいないかであろう。

自分の天職に就くためにも

何かに強い執着をもってみよう。

 

きっとそこに何かが見えてくるではずだ。

 

名言集?

適当な数字を連続して言いながら書いてみてください。

例 5427966542587236975267412688

                         ↑

                  このように。

その書いた数字の多い上位4つを選出し

ナンバーズ4を買ってみてください。

当たるかも…よ!